FC2ブログ
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012/06/30/Sat 17:55:19
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:その他

2時間でいきなり曲を作ってみる!!

2時間で一曲作ってみる!!

久々の更新のエイジャです^^

さて、突然ですが「2時間で曲を作る」というテーマはよく聞くので
私もやってみました♪

2時間のコアなメロディ by absorbcolor-aja

ネタで動画とかで上がってるものは別として^^;
「2時間」でどこまで作れるか…(頭の中に何も浮かんでない状態から)という手順を説明していくと

1.どんな曲のイメージにするか
  ↓
2.楽器やらの音色をどうするか
  ↓
3.メインメロディを作る
  ↓
4・その他諸々の構成やら伴奏などを時間が許す限り作る
  ↓
5・簡易の音圧やバランスの調整
  ↓
6.再生できるデータに書き出して終わり


こうなりますね^^
実際に完成させるのは物理的に不可能なはずですw
1~3の項目を省いた状態ですら厳しいでしょう…^^;

ですから、効率を良くするために最低限必要な部分に時間を使って
あとは未完の状態で作る事にしました(汗)

…という事で実際のエイジャの手順などは以下の感じに…^^;

1 →ノリで最後に決める、考えるだけ無駄。
   厳密にはBPMの速さは速ければ速いほど、曲制作では多方面で楽なので
   あらかじめ速い曲にしました。
   また、ループ用BGMは構成少なめでも問題無いので断然こっちを選びました^^  →所要時間 およそ10秒程度 
2 →生音系は比較的選ぶと時間食うので、
   打ち込み系のデジタル音源がベストw

   【高域、中域、低域】の3つにコンパクトにまとめて、迫力でごまかす。
   最初に決めてしまうのが一番早いし効果的。
   アナログの迫力出したかったらアナログのハード音源や
   ミキサーを通す。(デジタルな回路ではなく要アナログ回路経由ね)         →所要時間 10分程度

3 →ピアノをアドリブで弾きながら打ち込み、コード付けは後
  これはもう2で決めた音源でアドリブで決める…というかリアルタイムで演奏しながら
  録音したものをクオンタイズしてリズムのずれを調整^^
  そのあとに再生して確認しながらメロディのおかしな部分などを微調整。
  最終的に仕上がるイメージはシンプルなものになるので
  ここは「良いメロディ」に全力を尽くして時間をかけ、
  一音ごとの強弱の微調整とかは比較的やらない。                   →所要時間 40分程度
  (歌ものならば、ここで歌詞とメロディをアドリブで録音する事になるし
   当然一発録りだが、そんな人間見たことないので最初からそんな無茶はしない)

…ここまでで1時間はかかるし、むしろかけた方が良い。
そして鬼門の後半



4 →あらかじめ決めていた音色を無理せずただ打ち込んでいくだけ。
   7thを使ったコード解釈は比較的避ける。アドコードや6thなら楽
   HP5やらメロディックマイナー程度ならいいが、オルタードスケールを使用した
   ⅡーⅤ進行や、コンビネーションオブディミニッシュなどを使いたいとか思ったら負け
   テンションノートは音量の微調整が必要になってくるからやめておこう^^

   シンバル系の音の良さは捨てる。(シンバル系は現代音楽では捨ててもそんなに皆聴いてない)
   ベースは明らかなデジタルでいく。
   (打ち込みベースだと色々と楽だし、打ち込みベースは音かぶりにくい)
   上もの音色は目的をはっきりとしたものだけ。(うっすら入れるとかは時間かかるので)
   フィルはノリでその場で決める。(フィルの細かい部分とかは時間かかるので)

   全体で聴けるというのが重要で、1パートに時間かけない
   【高域、中域、低域】のバス作ってそれぞれ分けておく                →所要時間 40分程度

5 →ほぼしない。それが理想
   基本的には4の工程で分けた3つのバスを軽く調整して終わり。
   シンプルな構成の楽曲になれば、比較的に音圧はそんなに必要無い。
   音圧あげないと目立たないメロディ(音量の事ではなく)は元々好きじゃないし^^→所要時間 10分程度

6 →書き出して終わり!ディザリングを忘れるなよ^^
  僕は32bit 192khzで編集したので、それを16bit 44.1khzのwavデータに書き出す際に
  超高域の音が劣化するわけで、
  比較的に滑らかに書き出してもらうためにディザリング。
  実際に再生しながら書き出して完了。                           →所要時間 1分程度


大体こんな感じです^^
この作り方は高速で一曲作るためにどうするかであって
良い曲作るための手順では無いので、その事を踏まえた上で参考にして頂けると助かります^^;


…ただ、
恐ろしい事にこの記事を書くのに2時間以上かかっているので
記事を書く方はホントにすごいなぁ…と思います^^

以上、エイジャでした^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。